不動産会社に相談したほうがよいこと
2017.05.23

女性横浜の投資でマンションを購入する場合には、管理会社との付き合い方が重要になってきます。管理会社は、一般人がマンション投資を成功させるための一番重要なポイントだといえて、管理会社選びに失敗した段階で、安定した収益をあげるのは難しいかもしれません。また、二人三脚で不動産投資をしていくパートナーでもあるので、パートナーとの関係は日頃から良好にしておいた方がよいでしょう。そこで重要になってくるのが、管理会社との付き合い方で、管理会社と上手にコミュニケーションを取れる人達は、それだけで不動産投資家としての資質があるかもしれません。それくらい管理会社と良好な関係を築けることは大きなことなのです。そのため、不動産投資をするなら、事前に管理会社にどのくらいの事柄を相談していくのかをはっきりとさせておきましょう。
まず、管理会社の能力で一番重要なポイントは、どのくらい空室を減らすことができるかです。客付け能力が高いことこそ管理会社選びで一番重要な部分なのですが、この部分についてはしっかりと管理会社に相談しておくとよいでしょう。一人で不動産運営をする場合に一番困るであろう事柄が、集客であって、この部分については徹底的に管理会社に求めていってよいでしょう。集客をしてもらうために、管理会社を利用しているといっても過言ではないくらいです。また、自分が考えている物件のコンセプトについては明確にしておきたいところで、それをしっかりと管理会社に伝えることによって、管理会社の社員も入居希望者にアピールしやすくなるのではないでしょうか。
管理会社を利用しているからといって、何から何まで丸投げして良いというわけではなく、しっかりと言うことは言わなければオーナーとしての立場が築けません。また、家賃の設定についても管理会社とはよく相談したい部分で、物件の持っているステータス、管理会社の客付け能力などを踏まえた上で、綿密に家賃を設定していきたいものです。管理会社からしてみれば、希望の家賃が相場より高ければ、入居者を探すのが難しくなりますし、その逆なら入居者を集めやすくなります。そのため、この部分は管理会社とオーナーの駆け引きの部分でもありますので、しっかりと相談して決めたいものです。このような部分がマンション投資をする際に、しっかりと管理会社に相談しておきたいポイントになりますので、覚えておくとよいのではないでしょうか。

▲ ページトップへ