中古マンションはお得?
2017.05.23

メモを取る女性不動産投資としてマンションを購入する場合、大きく分けて2つの選択肢があるでしょう。それは、中古で投資をするのか、新築で投資をするのかです。中古には中古の、新築には新築のメリットがありますので、今回は中古で投資をする場合のメリットについて考えてみましょう。中古マンションのメリットは、なんといっても価格です。新築に比べると圧倒的に低価格で購入できますので、新築の購入は予算的に厳しいという人には大きなメリットになってくれるはずです。また、投資用としてマンションを購入するなら利回りの高い物件を手に入れたいものですが、中古マンションは既に建っているので、物件の程度を見極めやすいのです。マンション選びの目が肥えている人からすれば、これだけで大きなメリットになりますので、こちらもお得なポイントに当てはまるでしょう。
さらに、利回りについては、購入費用が安くなる割に、家賃収入は新築とそれほど差がありませんので、この分だけ利回りが有利になる可能性が高いです。必ずしもというわけではありませんが、中古マンションの利回りの高さは、お得なポイントだといえるでしょう。中古マンション投資がお得かどうかを把握するためには、これらのメリットの他にデメリットも把握しておきたいところです。中古マンションは、安く購入できる代わりに、その分だけ耐久年数が少なくなっております。既に建っていたものを購入するのですからこれは当然で、保証の期間もその分だけ短くなることが多いです。
中古マンションの見極めで難しいのが、設備の老朽化でもあって、中古品がいつ壊れるかについてはプロでも予測が難しい部分です。さらに、地震のリスクについても注意が必要で、あまりにも古い中古マンションに手を出す場合は旧耐震基準で建てられた可能性があります。この場合、地震リスクがいっきに高まることになり、可能な限り新耐震基準で建てられたマンションを選ぶようにしましょう。中古マンションのお得なポイントは、入居者付の状態で購入することができるという点もあります。空室率が高い場合は、中古のため入居者の獲得に苦労するかもしれませんが、満室もしくは、それに近い状況で購入することができれば、最初から想定利回りを達成することができるかもしれません。このように中古マンション投資はメリットとデメリットが混同しておりますので、どの部分に価値を見出すかによって、お得かどうか変わってきます。

▲ ページトップへ