よくある不動産投資の失敗例
2017.05.23

足を組む男性不動産投資を失敗したいと思ってした人はいないはずです。しかし、現実には成功した人と失敗した人が存在していて、成功した人に共通するのが、失敗した人の事例をよく学んでいるということです。そんな成功者のみなさんに習って、まずは不動産投資に失敗したケースから学んでみるとよいでしょう。不動産投資の失敗における典型的なパターンは、空室リスクに対応しきれなかったケースです。簡単に言えば、不動産経営とは、いかに空室を抑えられるかが重要で、部屋さえ埋まっていれば、とりあえずの安定した収入は得られるのです。逆に、空室が埋まらなければ、どんなに良いマンションであっても、どんなに立地が良くとも意味はありません。不動産における好条件とは、入居者を募るための好条件なので、空室リスクを抑えられなければどうしようもないのです。
さらに空室リスクを回避できなかったケースを掘り下げていくと、初期の段階で失敗してしまっている人もいます。それが集客力の低い管理会社に依頼していたり、空室保証などのサービスを目先の利益目当てで利用していないのです。目先の利益にとらわれて将来設計を疎かにした。これが空室リスクを回避できなかったパターンによく見受けられるポイントなので、これから不動産投資をするなら、とにかく空室を抑えられる策を講じるべきです。次に税金の仕組みをよく理解せずに不動産投資をして失敗したケースもあって、例えばマンション投資をする場合、最初の頃は減価償却という概念から、かなりの節税効果を得ることができます。
しかし、減価償却の概念は一生適用されるものではなく、いずれ節税効果を得られなくなりますので、その段階で経営が圧迫されてしまうオーナーが多いのです。そこに上の空室リスクなどが加わると、かなり深刻な事態を招いてしまいますので、不動産投資に関係する税金の制度については、完璧に覚えておいた方がよいでしょう。さらに、借金についての認識が甘い人も失敗してしまうケースが多く、総資産における借金の割合が高すぎると、非常に窮屈な不動産投資となってしまい、とっさの出来事に対応しきれずに破産してしまうなんてケースまで考えられます。一般的にローンは、投資額に対して4割程度などといわれておりますので、この目安を参考に借金の負担が大きくなりすぎないように調整していきたいものです。これらの失敗事例からよく学べば、不動産投資に成功できる確率は高くなってくるでしょう。

▲ ページトップへ